So-net無料ブログ作成
検索選択

四度と半音の魔法/呪縛 [Tips for DTM/作曲など]

作曲関係について。
外が暴風雪で外出できないのでちょっと書いてみたり。

別にスランプ、ってわけじゃないんだけど少々模索中なのです。
というのは、自分の作品に四度進行とか半音進行とか使いすぎて
マンネリになってきつつあるのかも、と感じているから。
(四度進行と半音進行の解説についてはメモを読んでいただければ)
それが自分の個性、って言い切ってしまえれば簡単なんだけど
便利なものにあまりに頼りすぎている感があるんだよなあ…。

四度進行とか使わない、っていうのはたぶん無理だけど
作曲する際に「使いすぎるとマンネリになる」ってことに気を
つけないといけないといけない。
まあ、安易な妥協はしない方向で。

※ちょっと理屈っぽいので、興味がある方だけどうぞ。
四度進行と半音進行

コード進行(和声進行だったかな?)の形態の一つで、
バスが「四度上行または五度下行」を繰り返すのが四度進行、
バスが「半音下行」を繰り返す、または「半音上行」を繰り返すのが半音[階]進行。
っていってもまだわかりにくいのでそれぞれについて解説(結構アバウトに)。

・四度進行
バスが「四度上行または五度下行」を繰り返す

「度」というのは、二音間の音程関係の単位です。
たとえば、ハ長調(ドレミファソラシドの音階)で、ドを基準にして考えると、

表①
ド(1) レ(2) ミ(3) ファ(4) ソ(5) ラ(6) シ(7) ド(8)


かっこ内の数字が~度にあたるわけです。
だから、ドとミは三度、ドとファは四度の音程関係にあるということです。
(実は、さらに細かい区分「長」「短」「増」「減」が接頭辞としてつくのですが、今回は省略)
で、四度上行というのは、「ある音から四度上にあがること」ですから、ドを基準にして、表①でみれば、
「ドからファに上がる」という移動になります。
では五度下行は? とすると「ある音から五度下にさがること」です。
今度は上のドを基準にして表①を書き直してみます。

表②
ド(8) レ(7) ミ(6) ファ(5) ソ(4) ラ(3) シ(2) ド(1)


したがって、ドを基準にすれば、ドからファへ「下がる」という移動になります。

ん? これって、結果的には四度下行と同じじゃね?

そう、四度上行も五度下行も、音名としてはまったく同じ移動(ドからファ)なのです。
違うのは、単に移動の方向(上がるか下がるか)だけです。

まあ、これでだいたい四度進行がどういうものかはつかめたでしょう。
以下では実例を挙げます。

私は基本的に短調しか使わないので、ここからはイ短調(ラシドレミファソラの音階)を
使って解説します。
ラからはじめて四度進行していくと…

ラ→レ→ソ→ド→ファ→シ→ミ→ラ

というふうになります。では、これに和音を乗せてみると……



ラ(Am)→レ(Dm)→ソ(G)→ド(C)→ファ(F)→シ(Bm-5)→ミ(E)→ラ(Am)

※短調なので、ここはEmでなくEを採用しました(詳しい解説は省きますが)。

という風になります。おお、どこかで聴いたことあるような響き?
それもそのはず、この進行は非常に便利なので、形を変えていろいろな曲に紛れ込んでいたりします。
作曲途中で迷ったら、とりあえず使ってみる、っていうぐらいの汎用性があります。
ジャズとかでもよく使われるイメージがあります。
それと、私の「廃墟庭園」のイントロとか、「真夜中のアンブレラ」のサビとかも四度進行です。
つまり、こいつは便利だ! っていう進行なのですが
…そういうふうに便利すぎるのが問題だという話。

・半音進行
バスが「半音下行」を繰り返す

これは、ド→シ→シ♭→…というように、バスがひたすら半音下に下っていくだけ、という進行です(逆に上っていくパターンもありますが割愛)。
どこかもの悲しい響きがします。(半音進行をラメント・バスともいうそうです。うろ覚えですが)。
使いようによっては、こみ上げる想い、みたいな表現もできると思います。
特徴的なので、聴くとすぐに「あ、半音進行だ!」ってわかる感じ。

これは和音を乗せた実例を挙げるだけにしましょう。例によってイ短調で。

半音進行の一例



ラ(Am)→ソ#(Caug)→ソ(C)→ファ#(F#7-5)→ファ(Dm)→ミ(Am)→レ#(D#dim)
→(ミ(E))

※かっこ内のコードは便宜的なもの。
半音進行では、バスの進行だけ決まっていて上につける和音はかなり自由です。
この例はかなり暗いですが、つける和音によってはもっと違う雰囲気になります。
半音進行もかなり便利で、ちょっとこういう雰囲気出したい、ってときに使えます。
でもやはり便利すぎるのが問題で、使いすぎると曲がくどくなる……

以上、アバウトに解説しました。表現やら音楽理論的に間違ってる部分もあるかもしれません。
が、要するに言いたいことはひとつです、

四度進行も半音進行も便利だ

ということ。

迷ったときには使えるこの進行。でも便利すぎるので使いすぎには要注意。

コメント(1)  トラックバック(0) 

コメント 1

maniaimasuyouni

雨傘P、こんにちは。聴き専のmaniaimasuyouniです。

たしか、rainydayさんのどっかのプロフィールにあったと思うんですが、
北海道在住の方でしたよね?
大丈夫でしょうか?ご実家の方には帰れそうですか?(挨拶

--
(コード理論とか)
解説、お疲れ様ですw
廃墟庭園とか、夜空見る人のような実例があるために、
ああ、あれか、といった感じで
コード進行が分かりやすく理解できますねw

自分は楽器も弾けず、知識もなく、だけど曲を「聴く」上で
せめてコード進行くらいは聴き分けられると楽しいだろうなと思い、
http://homepage2.nifty.com/arigatch/sub06/top.html
のような、初心者向け(なんでしょうか?w 自分には難しいです><)
ページで勉強していたりします。

だけどやっぱり、実例のある音楽での説明の方が、ずっと理解が速いですね。
(John LennonのLet It Beのような分かりやすいものを解析したとき、
 感動に近いものを覚えました)

あっ、またペーペーの癖に蘊蓄を言ってしまいました。w
お許しください(土下座

--
お身体には、くれぐれもお気を付け下さい。
来年も(勝手ながら)楽しみにしています
by maniaimasuyouni (2008-12-27 13:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Web拍手

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。