So-net無料ブログ作成
検索選択

こんなご本を読みました2014年版(活字編3) [読書/感想/レビュー]

続きの続き
 
■和製小説
・昭和の香り
安部公房『R62号の発明・鉛の卵』
 
 
 
開高健『パニック・裸の王様』
 
 
 
北杜夫『幽霊』
 
 
 
小松左京『夜の声』
 
 
 
 
・現代日本
川崎草志『長い腕』
 
 
 
岩井志麻子『邪悪な花鳥風月』
 
 
 
曽根圭介『鼻』
 
 
 
国広正人『穴らしきものに入る』
 
 
 
谷川流『涼宮ハルヒの憂鬱』
 
 
 
平山夢明『ダイナー』
 
 
 
唐辺葉介『PSYCHE』
 
 
 
法月倫太郎『ノックス・マシン』
 
 
 
伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』『ラッシュライフ
 
 
 
 
 
 
森見登美彦『太陽の塔』
 
 
 
小山田浩子『穴』



穴


 
 
 
 
■その他
志田英邦『ゲーム・マエストロ1~5』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
多根清史『教養としてのゲーム史』
 
 
 
 
寺山修司『不思議図書館』
 
 
 
片山杜秀(編)『伊福部昭:ゴジラの守護神。日本作曲界の巨匠』
 
 
 
春日武彦『無意味なものと不気味なもの』
 
 
 
金子邦彦『カオスの紡ぐ夢の中で』
 
 
 
ブコウスキー『死をポケットに入れて』
 
 
 
ダンカン・ワッツ『偶然の科学』
 
 
 
サイモン・ウィンチェスター『博士と狂人-世界最高の辞書OEDの誕生秘話』
 
 
 
角山栄『シンデレラの時計-マイペースのすすめ』
 
 
 
梅津紀雄『ショスタコーヴィチ-揺れる作曲家像と作品解釈』
 
 
 
結城浩『数学文章作法 基礎編』
 
 
 
井上孝夫『世界中の言語を楽しく学ぶ』
 
 
 
 
■現在進行形で読んでる本
アンナ・カヴァン『ジュリアとバズーカ』

 
 
 ダニエル・T・マックス『眠れない一族』


 
クリスチャン・ブライアン『機械より人間らしくなれるか』
 
 
 
 
マンガ編の記事も書く予定なのでどうぞよろしく。
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
Web拍手